正しい歯みがき方法
正しい歯みがき方法
角田歯科医院 » ヘッダーメニュー » 歯のエステ » 正しい歯みがき方法

正しい歯みがき方法 

 

 

 

 

●このページでは,正しい歯ブラシの当て方についてお話致します。

まず、正しい歯ブラシを選択してください。

 

毛先が硬すぎるものや、プラークが落としにくい歯ブラシでは

せっかく磨いても汚れが残ってしまいますので、

歯科医や衛生士に勧められた歯ブラシを使用して頂くのが一番です。

 

おすすめの歯みがき粉

 

バス法

 

●歯に45度の角度になるようにブラシを当てて、歯と歯肉の間に歯ブラシの毛先を入れ込むようにし、毛先がほとんど動かないほどの細かい動きで震動を与えるようにして磨きます。


●歯ブラシ軽く持ちあまり力は入れすぎないでください。歯ぐきのマッサージをするような感じです。


●1本ずつ歯ブラシを移動させて細かく磨いていきましょう。

毛先が歯と歯肉の間に入っているのを確認した上で歯ブラシの毛先を小さく震動させて下さい。

 

 

スクラビング法

 

●歯ブラシを90度に当てて、左右に動かします。

小刻みに往復運動させて磨く方法です。一本ずつ小さな幅で動かして下さい。あまり力は入れすぎずに細かく動かしていきます。

毛先がきちんと歯と歯ぐきの境目にあたっているかがポイントです。

 

 立て磨き法

 

●その名のとおり歯ブラシを立てて上下に動かします。

小刻みに往復運動させて磨く方法です。

前歯を磨くときに効果的です。歯ブラシをたてて汚れをかき出すようにして磨くと効果的です。

 

 

 

●代表的なブラッシング方法を上げてみました。

わからないことや、質問がある方は担当衛生士にご相談ください。

 

 

 →プロフェッショナルクリーニング→PMTCはこちらから

(歯のエステ)

 

美しさを保つために→トリートメントケアはこちらから

(歯のエステ)

 

 →歯磨き粉についてはこちら

お勧めの歯ブラシについてはこちら