クラウン編(差し歯)
クラウン編(差し歯)
角田歯科医院 » 審美歯科 » クラウン編(差し歯)

クラウン(さし歯)の種類と特徴

 

 

オールセラミックス

 

オールセラミックスとは、金属を全く使用しないセラミックスのかぶせ物のことをいいます。金属を使用した従来セラミックスよりも見た目に優れます。金属を使用しないため、透明感のある歯本来の美しさを再現できます。

 

ジルコニアは、酸化ジルコニウムを安定化させたセラミックスです。これまでオールセラミックスは強度が弱いことが欠点でしたが、極めて大きな強度をもった新素材「ジルコニア」を使用したオールセラミックスでは、その弱点をカバーしています。

 

天然歯と変わりない状態まで再現できます。

時間の経過による変色も、セラミックなら、全く変化がありません。

天然歯と変わりない状態まで再現できます。

 

 メリット
  • 色が歯に似ているので見た目が良い。
  • マスキング効果が優れているため、土台の金属が透けて見えない。
  • ジルコニアは割れにくく、ほとんどの部位に使用できる。
  • 金属を一切使用しないので、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーの心配がない。

 

 デメリット
  • 割れやすい。
  • 歯を削る量が比較的多い。
  • 天然の歯より硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがある。
  • 保険外の治療なので、値段が高い。

 

セラミックス

 

セラミックスとは、内面は金属、表面はセラミックスでできたかぶせ物のことをいいます。審美性に優れ、オールセラミックスに比べ、強度があり割れにくくなっています。

セラミックスは、セラミックスのよい面と金属のよい面をもち合わせた、見た目に美しく、丈夫なかぶせ物です。 また、耐摩耗性に優れています。

天然歯と変わりない状態まで再現できます。

時間の経過による変色も、セラミックなら、全く変化がありません。

 

 

 メリット
  • 色が歯に似ているので見た目が良い。
  • 中身が金属なので、割れにくく、ほとんどの部位に使用できる。
  • 汚れが付きにくい。

 

 デメリット
  • 保険外の治療なので、値段が高い。
  • 中身の金属の種類によっては、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどを引き起こす可能性もある。(銀やニッケルクロムなどの卑金属の含有量が高い場合)
  • 色調はオールセラミッククラウンに劣る。
  • 裏側からは金属が見える。

 

Case1)

 S.Y様(40歳) 男性

      

        Before              After

ハイブリットセラミックス 

 

ハイブリッドセラミッククラウンとは、セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られたクラウン(差し歯)です。

オールセラミックジャケット冠よりもやわらかく、周囲の歯にダメージを与えにくいというメリットがありますが、色調は多少劣り、経年的に変色します。

 

 

メリット 
  • 色が歯に似ているので見た目が良い。
  • 硬すぎないので、周囲の歯や咬み合う歯を痛めることがない。
  • 金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や
  • 歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性がない。

 

 デメリット
  • 保険外の治療なので、値段が高い。

 

ゴールドクラウン

 

ゴールドクラウンとは、「金合金」や「白金加金」等の貴金属を使用したクラウン(被せ物)です。
金属なので見た目に問題はありますが、適合が良く金属もほとんど錆びることはありません。

 

白金加金(PGA合金)は金合金にプラチナを加えたもので、色が銀色に近くなります。
(白金加金は現在、最も良い歯科用金属であると考えられています)

 

 

 

 デンチャー編(入れ歯)はこちら→